さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年01月10日

室蘭岳


murorandake420x.jpg
午前中は家の用を済ませて、午後からザックとスノーシューを車に放り込んで室蘭に向かった。
天気予報は午後から雪、それでも景色は見えなくても汗はかけるので、はじめて行く山を楽しみにして、まずは登別のtosi君の家によって二人で室蘭岳に向かった。
IMGP7497.jpg
登山口は室蘭のだんぱらスキー場の向かい側にある駐車場だ。歩き出してすぐ右に二人乗りリフトを見ながら白鳥ヒュッテを目指す。
IMGP7500.jpg
ココから本格的な登りだ、左に水神社の鳥居がある。
IMGP7501.jpg
急な斜面の途中にガンバり岩(標高およそ600?)がある。晴れた日ならここからでも良い眺望だということがわかる。
今回は上りは南尾根コース〈夏道〉帰りは冬にしか使われない冬道コースだ。
IMGP7505.jpg
うっすらと太陽が雲を通して見える。
IMGP0322.JPG
tosi君が後ろから撮ってくれた1枚。登りのコースは踏み固められていて、少し滑るが長靴だけでなんとか登れる。
IMGP7515.jpg
背景が青空なら綺麗なんだけどなぁ〜
IMGP7518.jpg
頂上!約1時間ほどで着いたが、やはり風がやや強く、鐘を鳴らすための紐が風でたなびいている。

IMGP0324.JPG
下りはスノーシューを装着!
雲の切れ目から西尾根が見えました.jpg
今日は残念ながら雪降りになってしまったが、晴れていればこんな感じだ。これはtosi君が昨日撮影した写真。
下って来ました どこでも歩けます.jpg
これもそうだ。

下りは誰も踏み跡をつけてない新雪を選んで下る!パウダースノーはフワ〜ッとした感触でなんだか気持ちいいのだ。油断しているとズボッと足をとられるが・・・
この感じは1度体験して欲しい。
下りは約50分。
天気のいい日にもう1度来てみたい、手軽に登れるイイ山だ!

室蘭岳地図

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(スノーシュー)の記事画像
恵庭岳(1319.7m)北尾根
樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走(つづき)
樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走
冬の七条大滝
2009 ニョロニョロトレッキング。
積丹大滝~動画
同じカテゴリー(スノーシュー)の記事
 恵庭岳(1319.7m)北尾根 (2009-04-07 22:32)
 樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走(つづき) (2009-03-25 22:26)
 樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走 (2009-03-24 23:48)
 冬の七条大滝 (2009-02-10 19:55)
 2009 ニョロニョロトレッキング。 (2009-01-13 22:03)
 積丹大滝~動画 (2008-02-06 23:03)
この記事へのコメント
冬の山もなかなか良いですね。
踏み固められてるという事はかなりの人がこの時期でも登っていると言うことなんですね。
それにしてもスノーシューでの下りは面白そうですね。
子供用のボブスレーでも面白いかも?
Posted by ゲスト at 2006年01月11日 17:51
室蘭岳(鷲別岳)はだんぱらスキー場から登れるので、標高500メートルあたりから登れるので、室蘭市民には人気があるようです。だから、登りも下りも同じ南尾根コースを使えば、長靴で911メートルの頂上まで登れます。近くにこんな山があれば言うことないんですけどね。
子供用ボブスレーを持ってけば部分的にはスノーシューより楽しいです、たぶん。
Posted by りむパパ at 2006年01月11日 21:00
雪原をザクザクと進んでいく様子が良くわかりました。
それにしてもこんな悪天候の中を登っていくなんて
本当に冒険好きですねえ。参りました〜。
Posted by hide@dc2 at 2006年01月11日 21:43
山スキーがあれば、下りがもっと楽しいと思いますが、今のところある道具で楽しむのがいいですね。そんなにひどい天気でもなかったんですよ!どうしても、休みの日は汗をかかないと気が済まないんですよ〜病気ですね(^^ゞ
Posted by りむパパ at 2006年01月12日 21:10
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
室蘭岳
    コメント(4)