さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2007年11月13日

白い帽子の恵庭岳(1320m)


タイトルは白い帽子と書いたがこれを見たら「白いおっかない顔」かな~
恵庭岳なら自転車で行こうかとも考えたが、それだとどうしても装備を軽くするために大事なものも削っていかなくてはならなくなる。
恵庭岳は甘く考える山ではないので思い直して、ちゃんとした装備で車で行くことにした。


昨日の悪天候がウソのようないい天気!
しかし、支笏湖畔に出てみてビックリ!恵庭岳の山頂が真っ白ではないか。その奥の漁岳も真っ白。


今日はなんとなく朝から気持ちに余裕がある感じで、のんびりペースで周りを見ながら歩く。


見晴台までは1時間半で来た。
爆裂火口から頂上を見上げる。噴煙もあがっている。


見晴台からでも、この景色、紺碧の支笏湖が輝いている。


さてここからは爆裂火口をぐるりと囲むような尾根をたどるがここは北側で陽が当たらない。
昨日か一昨日に降った雪が完全に凍結してカチンカチンだ。雪が深ければつま先で蹴って足場を作ることも出来るが、3~5センチの雪がシバレているので足場が作れないのでスリップしないように慎重に登る。


足元を気にしながら右手を見下ろすとコバルトブルーに輝くオコタンペ湖
この時期は木々の葉が落ちてこの場所からでも綺麗にに見える。


第二見晴台(現在の実質的頂上)手前、シバレたお陰でこんな綺麗なプレゼントが待っていた。
今日の樹氷はキラキラして凄く綺麗だった。


はじめに目に飛び込んできた景色は手前の雪が印象的だった。


左上は紋別岳、右上はポロピナイ、左下はイチャンコッペ山、右下は支笏湖畔温泉街
残念ながら雨上がりのせいか遠くは霞んであまり見えなかった。



そして何気なく撮ったこの写真にとても笑えないものが見切れて写っていたのだ…

一通りここで写真を撮った後、実は雪がなかったら本当の頂上を見たいな~と密かに思っていたが、この雪で当然そんな気はとっくに無くなっていたので、お湯を沸かしてランチの用意をしようと、足元を見た、黒い10Lほどの一本ストラップのザックと黒いスキー手袋が雪に埋もれていた。
周りをよく見ると地図、ワンカップの空きコップ2個、ペットボトルのお茶1本ミネラルウォーターのペットボトル1本、そして腕時計、   焚き火した跡。  どう考えてもおかしい。

今この場所に居るのは二人。私がここに来た数分後に追いついてきた坊主頭の若者が携帯で景色の写真を撮っている。

私は彼を呼んで、二人でザックを見ることにした。
中にはなんと、財布、免許証が入っていた。その他キャッシュカード、領収証…

これは只事ではない。 すぐに110番してザックを支笏居湖畔の交番に届けようか、と話していると今度は私よりだいぶ年配の男性が登ってきた、その人にこのことを話すと、すぐに110番し始めた。

個人情報なので詳しいことは書けないが、免許証からみて本州から来た若者。
どうしたんだろう。

110番してくれた男性はその場にもう少し居るとのことだったので、その場を任せて下山したが、とても気になる事件だ。

断崖絶壁になっている第2見晴台の下を注意深く覗き込んでみたが、薄っすらと積もった雪が石や斜面に積もってたとえ人が倒れていてもまったく判別もつかない状態だった。

ただうっかりザックを置き忘れただけであることを祈るしかない。でも…腕時計まではずして忘れるだろうか…


帰り道は来たときと180度逆の気持ちで雪の斜面を歩くことになった。
何事もなければいいのだが。

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(山登り)の記事画像
二転三転
徳舜瞥山&ホロホロ山再び
徳舜瞥山(1309m)
風不死岳北尾根コース快晴
樽前山遭難騒ぎ
風不死岳(1102.5m)初冬
同じカテゴリー(山登り)の記事
 二転三転 (2009-10-13 22:42)
 徳舜瞥山&ホロホロ山再び (2009-07-14 23:42)
 徳舜瞥山(1309m) (2009-06-16 22:11)
 風不死岳北尾根コース快晴 (2009-05-26 22:07)
 樽前山遭難騒ぎ (2009-02-18 22:25)
 風不死岳(1102.5m)初冬 (2008-12-16 23:03)
この記事へのコメント
うひょぉ~。こえ~っ^^;
一体、なんだったんでしょう?
一人で残るとおっしゃった方、勇気ありますね^^;
Posted by Yulico at 2007年11月13日 21:52
装備の殆どを残しているというのが気になりますね。
時計外して、この寒い時期に素手で岩峰を登る
事も考えられないですしね。
焚き火とワンカップの空瓶というのも変ですね。
大事にならない事を祈るばかりです。
Posted by masayan at 2007年11月13日 23:48
ボクが行った時とは、山容がガラリと違ってますね~。
ボクん時は、まだ雪そんなに無かったですしね。

で。

不可解な残留品の数々ですが。
何か負のものを決意し登ったならば、大変気がかりですね。
あらゆる推理出来ますが、それをここで書くべきではないので、コメントは控えますね。

もし、捜査と言う事になれば、ボクの経験上(笑)、警察は明日を待っての捜索になりますので、明日以降の情報待ちでしょうね・・・。

話し変わって、十勝連峰の上ホロで雪崩事故起きましたね~。
登山に気を付けて、気を付け過ぎる事は無いように思います。
これからのシーズンは特にですね、気を付けて行きましょう!!
Posted by 火の玉レッド at 2007年11月14日 00:38
おお! ぼちぼち景色が冬っぽくなってきていますね。
ここ数日で富士山山頂も真白に雪が積もったのが自宅からも
はっきりと観えます。

なんだかブルーな出来事に遭遇ですね。事件性が無ければ
(彼?自身が一人で望んで行ったのなら)ニュースにも
ならないかも。 身元もはっきりしているようだしね。
結局ランチ、食べました?
Posted by ぴぃ at 2007年11月14日 06:27
ひぇ〜、そんなドラマみたいな事があるんですね〜(汗)
何事もなく無事だといいのですが、雪に埋もれたスキー手袋ってあたりが時間の経過を示していて嫌なかんじですね…。
そんな状況の中での無事下山、良かったです!
それにしても気になる事件?ですね。
Posted by ルナ at 2007年11月14日 14:56
:-)Yulicoさん

わざわざ北海道まで来て…
いろんな事情があるんでしょうが、やっぱり
この人は見つけて欲しいんでしょうね。
悲しい気持ちです。





:-)masayan さん

今日、捜索されていればいいんですけど…
あの場所にすべて置いてあったってことは、
この人がそこに確かに居たっていうことを知
らせたかったんでしょうね。
警察のOBの方に聞いたところ、事件性がな
い場合はもし最悪の結果でもやっぱり新聞
には載らないそうです。








:-)火の玉レッドさん

私も最悪のことは書かないでおきますが、
どう考えても、マイナスイメージしか湧いてき
ません。
真っ暗なあの場所でひとりで焚き火をしなが
ら何を考えていたんだろう…
考えたら昨日はなかなか寝付けませんでし
た。おそらくこの事件は結果が分からずに終
わるような気がしますが、どちらにしても後味
が悪い感じです。ため息が出ます。

これからの私たちは当然、生還する登山をし
ましょう。







:-) ぴぃさん

富士山は頂上に雪をかぶっている姿がやっ
ぱり富士山らしいですよね。(私はそう)

ぴぃさんのい言うとおりニュースや新聞にも
載らないでしょうね。私も免許証の写真や名
前をあえて記憶しないで帰ってきました。
ただ、今後、恵庭岳に行くたびに今回のこと
を思い出すのかと思うと、なんだか気が重い
のも確かです。


ランチ?はい、カップ麺とおにぎり1っこをし
っかり(-_-;)
コーヒーは110番してくれた人にご馳走しま
した。







:-)ルナさん

本当に自分の身に起こっていることが、信じ
られない思いでした。

後から来た人が苫小牧山岳会の人で安心し
てお任せしたんですが、そうでなかったら私
が110番しなければならなかったんです。

最悪の結果は想像したくはないんですが、
難しいような気もします。

できたら何事もなく終わってくれたらいいん
ですけど、おそらく結果は分からず終いにな
くような気がします。

山は楽しい気分で行くところです。
そうですよね!
Posted by りむパパ at 2007年11月14日 21:42
今日、風不死岳行ったんですけど、13時半くらいからヘリの飛ぶ音が聞こえて、その音をを聞くと、どうしても今回のこのりむパパさんの記事が脳裏をよぎりました。

計、2~3回は聞こえたかな。

関係性が無きゃ良いけどって思いました。
Posted by 火の玉レッド at 2007年11月14日 22:04
:-)火の玉レッドさん

ヘリでの捜索だったんでしょうか、ただ、手遅
れの場合はヘリでは運ばないそうです。
あ~どうしてもマイナスのコメントになってし
まって…しばらくテンションが上がりそうにな
いです。
Posted by りむパパ at 2007年11月14日 23:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
白い帽子の恵庭岳(1320m)
    コメント(8)