さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2007年08月14日

「第57回勝毎花火大会」を見に自転車で!



以前のエントリーでも書いたことがあるが、私は花火大会を見たことがなかった。
そして今回、満を持してそのときが来た!

帯広市、十勝川の河川敷で行われる「第57回勝毎花火大会」を見に行くことにしたのだ。
知らなかったのだが、この花火大会は毎年8月の13日と決まっているらしい。
そして今年の私の休みが13,14日の二日間。

兼ねてから花火大会を見たい!写真を撮りたい!それともうひとつ、
自転車で日勝峠を越えたい!
この二つの願いがついに叶えられるのだ!

しかし計画を思いついたのは数日前で当初私一人でこの計画を実行しようとしたが、
愛知に出張に行っている熊雄さんとも休みにどこか行こうと言っていたので実は
誘うかどうか迷った。

何せこの計画、ハードなんていうものじゃない!べぇりぃ~は~どだ。(ルーか!)
しかも熊雄さんが帰省するのは12日の最終便、私は朝4時出発を考えていたので
熊雄さんと相談して一緒に行くことを諦めかけた、それでも何か方法はないかと考えて
出した結論はこうだ。
私は計画通り一人で出発して、熊雄さんが後から自転車を車に積んで
追いかけて日勝峠の向こう側、清水町で落ち合って帯広まで一緒に自転車で
走ることにした。

この計画が後になって、正解だったことを思い知らされることになる。




3:40
出発、深い霧に包まれたスタート。
この写真を撮った頃には霧も晴れ始めて、いい天気になる予感、(良くなりすぎた…)


ココは上厚真小学校近く


朝陽もすっかり昇った。


国道からそれて牧場の横を走る。
朝の風は爽やかだ。

このあと、だんだんとセミの声が強く聞こえ出して、
真夏のツーリングの洗礼を受けることになって行く。


(これは熊雄さんが撮ってくれた画像です)
いざ、日勝峠!というところで熊雄さんが車で追いついた。
自転車に付けたキャリアと荷物も熊雄さんの車に積んでもらって、軽くなった自転車で峠越え!
まるでツールド北海道のように頂上まで何箇所かで待っていてくれて、本当に心強かった。
しかし、暑さにはマイッタface07icon01

海岸線からだと標高差1000mを登ったことになる。
しかし、何が大変かというと実は坂の勾配ではないのだ、第一は暑さ、第二は交通量の多さでの危険度、第三は排気ガス。


11:40  出発して8時間
頂上を過ぎたトンネルを抜けたところでやっと写真を撮る余裕が出来た。
十勝平野が見えた。


熊雄さんのお陰で普段は撮る事の出来ない自分のダウンヒル写真。

峠を下った十勝清水で熊雄さんと合流、ココからは二人で帯広の花火会場を目指す。


15:00
十勝川の堤防を花火大会会場に向かって走る熊雄さん。
それにしても河川敷にあるパークゴルフ場はすごい広さできれいに整備されていて
さすがは十勝だ。

会場には3:30到着 打ち上げ時間までは4時間もある。
私たちは強い日差しを避けられる場所を探して十勝大橋の下に陣取ることにした。

花火本番へ つづく

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(自転車)の記事画像
7年ぶりの最北端
錦大沼
もらっちゃいました~
社台の滝
朝~夕
自転車で蓮池へ!
同じカテゴリー(自転車)の記事
 7年ぶりの最北端 (2011-09-02 23:04)
 錦大沼 (2009-10-26 23:06)
 もらっちゃいました~ (2009-10-22 22:35)
 社台の滝 (2009-09-08 22:11)
 朝~夕 (2009-08-25 22:28)
 自転車で蓮池へ! (2009-08-18 23:47)
この記事へのコメント
いや~!やはりやってますね、りむパパさん&熊雄さんコンビは。
今回はサポートカー(&カメラマン)付きで心強かったですね!!!
Posted by ぴぃ at 2007年08月14日 21:08
いやーすごい距離を走りましたね!!
花火の写真、すごくきれいです。
自転車に乗ってはるばる観に行った花火はきっときれいだったんだろうなあ・・・
Posted by nyankohime at 2007年08月14日 23:13
ファイアーワークスをウォッチするために
バイシクルをライドですか・・・
↑クドイですか(^_^;)
ただでさえここ数日道内は猛暑が続いてるのに
それでも過酷なことやっちゃうりむパパさんは凄すぎる!
道程が厳しい分だけ普通に花火を観に行くよりも
何倍も感激するんでしょうね。
Posted by Hide at 2007年08月14日 23:24
これは、相当ハード!
文中ではサラッと流してますが、かなりハードだったのでは・・・・。
我等が熊雄さんのサポートは、心強かったでしょうね~♪

チャリで日勝峠越え・・・・、すごっ!!

花火大会後の事がとっても気になる(笑)!
Posted by 火の玉レッド at 2007年08月14日 23:55
一言、「自分は誘わないでください。」
自分は【忍耐】という事を避けて生きてますので…。(笑)
Posted by masayan at 2007年08月15日 00:09
:-)ぴぃさん

いや~今回は熊雄さんに助けられました。
だって、後ろの荷物がロードレーサーバラン
スを崩して、坂道でもダンシング出来ないん
ですよ!
今回のエントリーは調子に乗りすぎて、自分
画像が多すぎですね(反省)






:-)nyankohimeさん

ありがとうございます。
距離は長いですが、朝早く出ると余裕があっ
てよかったです。遊びだと不思議と朝起きら
れるんですよね。
ただ、自転車で行くことは分かってもらえな
いかもしれませんけどね(笑)






:-)Hide さん

ははは、ルー語での木綿、いやコメント、あり
がとうございます。
当日は暑すぎて、峠で熱中症になるかと思
いました^^;
ひとつ、自転車のいいところは、駐車場の停
めなくて済むことですね。堤防を走ってその
まま会場入りですから(笑)







:-)火の玉レッドさん

当初の予定では、往復400キロ走破!
の予定でしたが、この暑さです。熊雄さんに
助けられました。命を(笑)

日勝峠は勾配はほかの峠とそう変わりませ
んが、長いのと、交通量の多さが相当危険
ですね。ましてや真夏は「地獄の峠」と命名
します。(勝手に)







:-)masayanさん

はい、誘いません。
その代わり、masayanさんのMTBはどちらか
というとフリーライド&ダウンヒル系のフレー
ムだと思うので、山に誘います山に!!!
Posted by りむパパ at 2007年08月15日 23:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
「第57回勝毎花火大会」を見に自転車で!
    コメント(6)