さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年08月10日

富良野岳〜三峰山〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山

IMGP16270091.jpg
(かみふらの岳から上ホロカメットク山を仰ぐ)

富良野岳でゆっくり休憩をとった後、来た道を三峰山に向かう分岐まで戻る。
IMGP1689.jpg
お腹もいっぱいになったし、荷物をまとめて立ち上がろうとしたとき、さっき追い越したご夫婦が到着した。写真を頼まれたので撮ってあげると、さぁ、そこからお話好きのご夫婦の質問攻めにあって、しばらくの間山の話をした。ただ、高山植物の話になると、私はまったくついていけないので、何気なく話をそらして先を急ぐことにした。私が縦走することを話すと、そのご夫婦も富良野岳で下山する予定を変更して私と同じコースを行くことにしたようだった。奥様に飴を頂いて、お礼して富良野岳頂上を後にした。
IMGP15940061.jpg
復路は右にお花畑を見ながら歩く。
IMGP15950062.jpg
一度高低差のないコルに下りて分岐の手前の小ピークをトラバースしてゆく。普通に歩いていれば転げ落ちることはない。
IMGP15980065.jpg
はるか下に三峰山に向かう分岐が小さく見える。
IMGP16020066.jpg
分岐の少し手前に、登り時には気づかなかったコマクサが一株、「持ってかないでね〜」って言ってる様に咲いていた。
IMGP16040068.jpg
分岐から仰ぐ三峰山、三と言うぐらいだから三つの峰から成る山で、ココから見えるのは手前のピークと奥には安政火山の山肌が見える。
IMGP16130077.jpg
この蝶は今回の全山で見られた。
IMGP16160080.jpg
三峰山頂上(1866m)ここで小休止。ここでも雲はどんどん流れてめまぐるしく景色が変わる。一瞬の晴れ間に撮った1枚。
IMGP16170081.jpg
三番目のピークとその向こうは雲に隠れたかみふらの岳。
IMGP1620.jpg
山の上はもう秋が近づいている。たくさんのトンボが見られた。
(ピンボケだけど・・・)
IMGP16290093.jpg
トップページにアップしたかみふらの岳は十勝岳温泉分岐にところにある。その先端、すぐ下には安政火口の荒々しい斜面とすぐ手の届きそうなところに上ホロカメットク山がそびえる。
ここにザックをデポして身軽な体で上ホロカメットク山を目指すことにした。
IMGP16320096.jpg
途中、怖いぐらいの断崖を見下ろす。安政火口の真ん中だ。
IMGP16330097.jpg
上ホロカメットク山頂上(1920m)。後ろは1837峰と下ホロカメットク山(1668m)
IMGP16350099.jpg
上ホロカメットク山頂上から見た十勝岳(2077m)。いつか行こう。
寝転がるのにちょうどいい岩があったのでしばらくの間目を閉じて、風に吹かれた。顔にはジリジリと紫外線を感じるが、汗びっしょりの体は風がここちいい。山登りはいいな〜と感じたひと時だ。時間はもう1時だ。富良野岳からこの上ホロカメットク山頂上まで2時間30分、後は荷物をデポした十勝岳温泉分岐に戻って下山するだけだ。
IMGP16390103.jpg
十勝岳温泉分岐から少し下ったところで、今日縦走してきた稜線が見えた。ずいぶん歩いてきたんだな〜と妙に感心するのであった。
IMGP16440108.jpg
充実感に包まれながらモンシロ蝶を見る目も優しい目になっていたはずだ。たぶん・・・
IMGP16470111.jpg
上ホロ分岐で往路と合流して意外に長い帰り道をザックにぶら下げた鐘の音だけを聞きながら駐車場に無事たどり着いた。14時45分。行動時間、朝7時30分からだから7時間15分!
そして、湯元凌雲閣に直行!日帰り温泉800円。気持ちよかった〜!!!

DVC00014.jpg
誰も居なかったので、露天風呂に携帯を持ち込んで今登ってきた山をバックにパチリッ!いい湯、いい気分。

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(山登り)の記事画像
二転三転
徳舜瞥山&ホロホロ山再び
徳舜瞥山(1309m)
風不死岳北尾根コース快晴
樽前山遭難騒ぎ
風不死岳(1102.5m)初冬
同じカテゴリー(山登り)の記事
 二転三転 (2009-10-13 22:42)
 徳舜瞥山&ホロホロ山再び (2009-07-14 23:42)
 徳舜瞥山(1309m) (2009-06-16 22:11)
 風不死岳北尾根コース快晴 (2009-05-26 22:07)
 樽前山遭難騒ぎ (2009-02-18 22:25)
 風不死岳(1102.5m)初冬 (2008-12-16 23:03)
この記事へのコメント
縦走お疲れ様でした。
いやぁ〜、良いですね♪
何だか、羨ましいです!
露出した岩肌が何とも格好良いですね。
十勝連峰の最高峰は、十勝岳の2077m.なんでしょうかね?
上ホロカメットク山というメカニカルな名称の山から十勝岳への往復時間は2時間位なんですね。
う〜〜ん、「その内行ってみよう山」候補の一つに入れておきます。
Posted by ゲスト at 2006年08月10日 23:56
登山したことのない私がいつものように
りむパパさんのエントリーで登山した気分を味わいました(笑)
早起きして長時間山登りするタフさにはいつもながらただただ感心するばかりです。
下山後の露天風呂は気持ちいいでしょうねえ。
素朴な疑問なんですが十勝連峰と大雪山系ってまったく別物なんですか?
なんとなく頭の中でごっちゃになってます(^_^;)
Posted by hide@dc2 at 2006年08月11日 00:52
にさせて頂きました。そんなりむパパさんのエネルギーを分けて頂きたいです。(あんまり変わらない干支なはずなのになぁ…連日ガス欠です^^;)
山も素敵ですが、高山植物が可憐で良いですねvv露天風呂も気持ち良さそう〜〜
Posted by のんきーず at 2006年08月11日 15:58
>火の玉レッドさん
今回の山はきつい場所はほとんどないし、火の玉レッドさんなら楽勝ですよ!
私個人としては花が多いのも良かったし、十勝岳温泉を扇の要にして登山道があるのでその日の天候やスケジュールによって変えられるのはいいですね。もちろん景色は最高です。ぜひ行ってみてください。

> hide@dc2さん
どうもです。楽しいことは全然辛くないから不思議ですよね(笑)
十勝連峰と大雪山系ですが、私もはっきりは分からないんですけど、黒岳、旭岳、忠別岳、トムラウシ岳などは「表大雪」というようで、すぐ隣の美瑛岳、十勝岳、富良野岳を十勝連峰で、三国峠から糠平湖方面のニペソツ山、ウペペサンケ山、などを「東大雪」、層雲峡から北の平山、天狗山、ニセイカウシュッペ山、武華山、武利岳を「北大雪」と呼ばれてるようです。全部あわせて大雪山系なんでしょうかね。お陰で私も勉強になりました(笑)

>のんきーずさん
上富良野からすぐの十勝岳温泉が登山口なので、富良野、美瑛の観光に飽きたら、富良野岳はお勧めですよ!距離は少し長めですが、傾斜は樽前山とそう変わらないですから、初心者の方でも登れると思います。
実際、富良野岳から分岐までの下山途中に母子と思われる3人とすれ違いましたよ!子供さんは小学生の高学年?の感じでした。ただ、ガイドブックには3時間30分と書いてありますので、初めは樽前山からですね!(かなり勧めてます?(笑))
Posted by りむパパ at 2006年08月11日 22:19
残暑お見舞い申し上げます。
連日34度のお部屋、、チュチュ(小鳥)と茹だっています(@_@)
りむパパさんの山登りのレポートを拝見させて頂き、あの高山の気分が蘇ってきました。う〜〜ん、ごいっしょしたい!!
>十勝岳(2077m)。いつか行こう。
ハイ、いいですね。メンバーに入れて下さい。炊事係になります。(^^)/~~~
Posted by ゲスト at 2006年08月13日 14:04
「上ホロ如きで何を言う〜!?」って思われるかも
しれませんが、そこが高所恐怖症の悲しい性、
足が動かなくなるんですよ。(笑)
ガキんちょの頃、物置の屋根から落ちただけ
なんですがね〜。
Posted by masayan at 2006年08月13日 18:44
>nanaさん
お久しぶりです、こちらこそ暑中お見舞い申し上げます。こっちは最高でも30度で夜には20度以下ですから・・・そちらは大変ですよね。そうですね〜いつもご一緒したいって言ってるのに、まだ会った事もないんですもんね。でも、そのうちに実現できますよね!おいしいご飯が楽しみだな〜(笑)

>masayanさん
チビるんですか〜(笑) でも笑い事じゃないですね、トラウマって、克服するのは大変ですよね。私はこれといってトラウマはないですが、知り合いで犬を飼っているのに、犬が怖い人が居るんですよ(笑)
Posted by りむパパ at 2006年08月13日 20:50
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
富良野岳〜三峰山〜かみふらの岳〜上ホロカメットク山
    コメント(7)