さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年07月14日

ひとりオホーツクサイクリング つづき その2

IMGP1268.jpg
(オホーツクサイクリングロード)

展望台を後にしてしばらく走ったあと、本来のオホーツクサイクリングのコースから外れてしまった。
地図を見てなかったので、少しだけショートカットしてしまった。サロマ湖沿いに道道422が伸びてそこからオホーツク自転車道が始まっているが、国道238をそのまま進んでしまった。結果、小麦畑の風景が見られて良かったし、帰り道の路線バスが本来のコースを走ってくれたので最終的にはコース全体の景色は見られたわけだ。

IMGP1260.jpg
青空に小麦の色がとても映える。
IMGP1262.jpg
きっと、収穫時期にはもっと色付くのだろうな〜
IMGP1263.jpg
オホーツクサイクリングロードに入ってすぐに絶景のお出迎え!やっぱり支笏湖サイクリングロードとは違うわ、と思ってしまった。


IMGP1264.jpg
白いのはホタテの貝殻だ。左はオホーツク海。

IMGP1266.jpg
このサイクリングロードサロマ湖、オホーツク海、能取湖、網走湖畔と巡って走るとてもロケーションの良い自転車道で、こんなに気持ちの良いサイクリングロードは道内を探しても他にはないだろうな〜

IMGP1270.jpg
能取湖のブルーは好きな色だ。

P7100037.jpg
ここは能取湖、サギの仲間だろうか?この湖も沖に行くにしたがって水の色のグラデーションが美しかった。
IMGP1275.jpg
(網走湖)
網走に到着 16:50
強風に波立つ網走湖を横目にここから網走市街を抜けて再びオホーツク海を左に、前からは向かい風に悩まされながら後ろからは西日に後押しされながら小清水原生花園を目指す。

IMGP1278.jpg
小清水は左の線路側は黄色いエゾキスゲが満開の絨毯。
IMGP1283.jpg
右の涛沸湖側の遠くのほうにエゾスカシユリと思われるオレンジ色が満開だ。
IMGP1287.jpg





小清水原生花園到着 18:30
この時間の小清水原生花園駅はもう誰もいなかった。私は日が沈んで行くのをしばらくの間、ぼ〜っと見ていた。

IMGP1288.jpg
後ろを振り返ると知床連山が宵闇に消えて行く前の姿が幻想的にみえた。

IMGP1295.jpg
真っ暗になるまえにもう少し距離を延ばしておこうと走り出した。ゴールの斜里までは、残すところあと20キロだ。この時すでに19:00 このままゴールまで走るかそれとも人生初のバス停泊をするか、(そのつもりでシュラフを持って行った)と考えていたら、右前方に「オホーツク小清水YH」の看板が…思わず看板に引き寄せられるようにYHのほうにハンドルが向いていた。
結局意志の弱い私は、あと20キロを残し、小清水YHに宿泊することにした。
晩御飯はユースの近くのお店で半額になったお弁当とビール。お風呂はなぜか家庭のユニットバスよりも狭くて驚いた、裏に日帰り温泉があると勧められたが日焼けが痛かったので断って、その超狭いタイル張りの風呂で我慢した。それでもサッパリしてビールをゴクゴク飲むと、この上ない幸福! お弁当を食べていると、私以外のもう一人の宿泊者と思われる女性が裏の温泉から帰ってきた、挨拶して湯加減を聞くと、熱くて入ってられなかったらしい。行かなく正解だったかな?
さて、女性も居ることだし食後の団欒でもと思ったが、睡魔が襲って来た、それもそのはず、昨日から一睡もせずに朝3時半から夜7時まで自転車に乗っていたのだ、色気より眠気だ(笑)この日は21時過ぎには夢の中。いや、夢も見ずに爆睡。



IMGP1297.jpg

あさ7時まで一度も目覚めずに眠った。起きると、足の疲れも無く、もう200キロ程走れそうに(ウソ)元気だった。
昨日話せなかった女性と朝食を食べながら30分ほど会話した。
彼女は尼崎からの一人旅で知床でシーカヤックやトレッキング、乗馬をして、この日、女満別空港から帰るとのこと。とても気さくで感じのいい人だった、私が見た感じ私の一回り下ぐらいかな?ああやって一人旅を楽しめる女性って、いいなぁ〜 とても魅力的に感じた。
先に出発する私をわざわざ玄関まで見送ってくれた、一緒に記念写真を撮ってから斜里までのたったの20キロを走り始めた。相変わらず風は強いが天気は快晴。

つづく・・・

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(自転車)の記事画像
7年ぶりの最北端
錦大沼
もらっちゃいました~
社台の滝
朝~夕
自転車で蓮池へ!
同じカテゴリー(自転車)の記事
 7年ぶりの最北端 (2011-09-02 23:04)
 錦大沼 (2009-10-26 23:06)
 もらっちゃいました~ (2009-10-22 22:35)
 社台の滝 (2009-09-08 22:11)
 朝~夕 (2009-08-25 22:28)
 自転車で蓮池へ! (2009-08-18 23:47)
この記事へのコメント
いやいや、オホーツクサイクリングロード、えぇですな〜
飛行機で女満別まで行けば、私にも可能です。
展望台まできっちり攻めるのが、りむぱぱさんらしいですね。
でもこの展望台の絶景、お値打ちです。
小麦の黄色と、青空、ウクライナの国旗と一緒で、感激しました。
Posted by ゲスト at 2006年07月14日 23:52
『支笏湖サイクリングロードと違う』ってところ、笑いました(笑)。

何か、こういう気ままな旅良いですね♪
ますますチャリツーリングしたくなりました!
Posted by ゲスト at 2006年07月14日 23:54
自転車は忙しくて最近乗れてませんが、こういう写真を見ると、暇を作って乗ってみたくなりますよ。
Posted by nyankohime at 2006年07月15日 00:08
>大黒屋さん
そうですよね!飛行機で来れば2泊3日でゆっくり見てゆっくり走れますね。ぜひ、ドーナツたくさん作ってがっぽり稼いで(笑)来てみてはどうでしょう!
ウクライナの国旗は記憶にないんですけど、そんな配色なんですか〜 さすがは大黒屋さん、いろんな外国の方が知り合いにいるだけあります!今回の写真はカメラの設定で色が濃いです。見ていてちょっとクドイですね。

>火の玉レッドさん
支笏湖サイクリングロードも台風で少し景色が見えるようになりましたけどね^^;

> nyankohimeさん
いやぁ〜ご無沙汰してすいません。
忘れないで見てくださってありがとうございます!太鼓はやってるんですよね。自転車もたまに乗ってあげてくださいね!
Posted by りむパパ at 2006年07月15日 23:40
りむパパさんの体力なら21時就寝はないやろ〜!
知的な感じの女性じゃないですか〜ヒジヒジ>>ツンツン。
オホーツクサイクリング、お疲れ様でした。
尊敬します。
Posted by otto-berry at 2006年07月16日 21:54
>otto-berryさん
いえいえ、ムリムリ、いや〜今考えれば名前も聞いてないんですよ〜
「私はブログをやってまして〜」なんて言って「りむパパ」で検索してください、とか言えばよかったと後悔しております(笑)
でも、民宿やYHで会う人とは男女かかわらず話が合うことが多いですよね。
今度名刺でも作ろうかな(笑)
Posted by りむパパ at 2006年07月16日 22:43
私もオホーツクをドライブしてる気分になって楽しんでます(^^)
オホーツク方面まであまり足延ばしてないので
りむパパさんのエントリー読んでてとても新鮮な感じがします。
りむパパさんもアクティブだと思ってましたが
旅先で出会った女性も一人旅でシーカヤックにトレッキングに乗馬って
メチャメチャアクティブな方ですねえ。
北国tvロゴマーク入りで「りむパパ」って書いた名刺を作ってはいかがですか?
Posted by hide@dc2 at 2006年07月18日 21:04
>hide@dc2さん
平日の休みはこんな出会いが多いのが良いところかもしれませんね。どこに行っても混んでないので飛込みで泊まれますしね。

この女性はホント知的な感じでしたね、自分の自慢をすることもなく話を押し付けてくることもなく、さりげなく私の話を引き出してくれて、いつまでも話していられそうな感じでした。
でも、名刺はやり過ぎですよ(笑)、たぶんもらった人は引きますよ〜^^;
Posted by りむパパ at 2006年07月18日 21:23
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ひとりオホーツクサイクリング つづき その2
    コメント(8)