さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年07月12日

ひとりオホーツクサイクリング

IMGP1180.jpg
インターナショナル・オホーツクサイクリング。自転車に興味がない人でも一度位は耳にした事があるのではないだろうか。
自転車で初夏のオホーツクの海岸線、212kmを二日間で走り抜ける、今年25回目を迎えるイベントだ。
コースは網走管内雄武町〜北見市常呂町〜斜里町
昔から憧れていたサイクリングイベントだがなかなか休みがとれずに参加出来ずに来た。第一回の大会は今と違って一日で走り切る日帰りのサイクリングで377人で始まったらしい。
今年の参加者は869人、6歳から86歳まで老若男女がそれぞれが感動のゴールを目指す。

さて私は、このイベントの次の日、まさしく終わりたてホヤホヤ?のそのコースをたどって、私は私なりのオホーツクサイクリングを楽しもうと考えたのだ。
その計画はこうだ。まず9日(日)仕事が終わってから車に自転車を積んでサイクリングのスタート地点、オウム町に向かう。早めに到着して数時間の仮眠後、ゴールの斜里に向かって走る。あくまでもオホーツクサイクリングのコースが基本だが、そこは一人の良い所、気ままに寄り道しながら暗くなる前に斜里にゴールする。復路はJRとバスで雄武町まで車窓からの景色を楽しみながら戻る。

はたしてこの計画通りに事が運ぶのか?一抹の不安を残しつつも、車のハンドルを握った。

IMGP1170.jpg
7月9日(日)

予定通り自宅を小雨の降る中19時30分に出発、時間もたっぷりあるので今までに車でもバイクでも走ったことがないコースで雄武に向かった。日高自動車道〜日勝峠〜足寄、ここまでは何度も走っているし、夜は交通量も少なく順調、足寄から陸別〜留辺蘂から遠軽に入る途中、国道242で私は見た!暗い山道で光る眼を発見、「おっキツネか」とほんの一瞬近くの路肩に視線を移し、キタキツネを確認し視線を前に戻すと100mほど前方にライトに浮かび上がった黒光りした物体が右から左に横断しているではないか!「うぁ熊だ」←これは心の叫びだ、人間ホントに焦った時は言葉は出ないもののようだ。慌ててブレーキを踏むと30m〜40mのところで熊は左の草むらに入った…野性のヒグマを見たのは初めてだった、クマ牧場で見る熊ほどデカくはなかったがしばらくは心臓のドキドキは治まらなかった。ある意味、貴重な体験ではあったが、衝突しなかったのが幸いだ。この旅行中、キタキツネ12頭エゾシカ3頭ヒクマ1頭を目撃した。恐るべし野性の王国、北海道!


IMGP1177.jpg
7月10日(月)

午前3時13分 ヒグマを目撃するというハプニングもあったが無事に長い長いナイトドライブも終わり、雄武の道の駅に到着した。
IMGP1178.jpg
のんびり走った事もあり、もう東の空が明るくなって来た。これは仮眠どころじゃない、早くも予定を変更して、すぐに用意して走り出した。午前3時30分出発!

IMGP1179.jpg
朝のこの感じは、これから走るぞ〜と気合入る。


IMGP1192.jpg
お日様が昇ってきた。今日も1日見守ってください・・・なんてお祈りしたりは、実はしない^_^;
IMGP1196.jpg
雄武川に映る朝日がきれいだった。
IMGP1203.jpg

IMGP1210.jpg

本当は日の出岬で日の出が良かったのかもしれないが、この日の朝日はきっとどこで見てもきれいだったに違いない。

走り出してまだ10キロそこそこ、これからまだまだ走ります。




つづく・・・

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(自転車)の記事画像
7年ぶりの最北端
錦大沼
もらっちゃいました~
社台の滝
朝~夕
自転車で蓮池へ!
同じカテゴリー(自転車)の記事
 7年ぶりの最北端 (2011-09-02 23:04)
 錦大沼 (2009-10-26 23:06)
 もらっちゃいました~ (2009-10-22 22:35)
 社台の滝 (2009-09-08 22:11)
 朝~夕 (2009-08-25 22:28)
 自転車で蓮池へ! (2009-08-18 23:47)
この記事へのコメント
りむぱぱさん、ごぶさたです (^^)v
無事に帰りついて安心しました。
北海道の夜明けは早いですね。
キタキツネにエゾシカにヒグマ・・・
サファリパークのような大地です。
ブログの続き、楽しみにしてます♪
Posted by ゲスト at 2006年07月12日 23:05
北海道の何処でも羆に会う可能性はありますが、
こと道東に関してはかなりの確立で目に出来ると
思います。(ただし、エリア的なこともありますが)

やっぱり単独行の際には熊よけ対策が必要と思います。
Posted by masayan at 2006年07月12日 23:26
>大黒屋さん
ご無沙汰してます。
ご心配ありがとうございます。最高の天気の中いいサイクリングができました!
大黒屋さん親子と走ったことをよく思い出しては、また走りたいと思ってるんですよ! 続きをお楽しみに!
PS.クマはマジで怖かったです(・_・;)
Posted by りむパパ at 2006年07月12日 23:28
> masayanさん
今回は車での遭遇でしたが、山で一人でだったらと思うとゾッとします。鈴やホイッスルは持って歩きますが、これは、いよいよナタや熊よけスプレーも必要かな〜
Posted by りむパパ at 2006年07月12日 23:33
サイクリング、お疲れ様です♪

朝日の中、べダルを踏むのは清々しい感じで良いですね。
川に映りこむ朝日の写真が一番好きです。
僕も、チャリ旅&チャリツーリングしたいなぁ〜と思いました。

にしても、ヒグマには驚きですね。
僕は釣行中、それらしい痕跡(匂いや食痕)しか見たことありませんが・・・。
Posted by ゲスト at 2006年07月13日 13:58
さすが蝦夷地!!野性は恐いですねっ・・。
そして、キレーな夕日と思ったら朝日でしたねっ!りむパパさんおつかれさまでしたぁ(^-^)
つづきが楽しみです♪
Posted by redrabbit at 2006年07月13日 18:11
紫の朝の空をバックに、りむパパさんのシルエットがとっても凛々しいです。野生動物の歓迎を受けたオホーツクツーリングの続きが楽しみです。
Posted by marukon at 2006年07月13日 22:31
>火の玉レッドさん
夜明けとともに走り出すのは気持ちいいですよ〜火の玉レッド さんのジャイアントもタイヤを変えるだけで立派なツーリング車になりますよ。
私も実は川の写真が気に入ってます!ありがとうございます。

>redrabbitさん
見てくださってありがとうございます!
クマには正直焦りました^^;
でも、夜中に走っている私のほうが悪いんですね。

>marukon さん
たくさん写真を撮ってきたもので整理に時間がかかってしまって返事が遅くなりました。つづきも見てやってくださいね。
Posted by りむパパ at 2006年07月14日 23:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ひとりオホーツクサイクリング
    コメント(8)