さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2006年03月15日

冬の然別湖へ

髪の毛がパリパリにシバレても身体は肩まで温泉に浸かってポカポカ、そして目の前には今、登って来たばかりの山がどーんとそびえ立つ…そんな場面を想像しつつまだ真っ暗な国道を東に向かってハンドルを握っていた。



pi-ku420x.jpg
IMGP9184.jpg
朝4時、りむに見送りされて家を出た(パルは寝てた)途中ガソリンを満タンにして今日の目的地、然別湖を目差した。天気が良ければいいな〜私の心も期待と不安で満タンだった。国道235をいつもならショートカットして富川町をパスするのだが、日高町と市町村合併で飛び地合併した自分の田舎なので、カントリーサインでも撮ろうと寄ってみた。ところがカントリーサインはすっかり忘れていて、こんな写真を撮った。たまには自分故郷の夜景もいいかな。1$の夜景?(笑)

IMGP9186.jpg
今日の目的は然別湖畔の山『白雲山』に登り山頂から湖を見ること、そして下山してから逆に山を見ながら氷上露天風呂に入ること、もうひつ然別コタンのアイスバーで氷のグラスでドリンクを飲むことだ。

心配していた日勝峠の路面も一部アイスバーンだったが順調に越えて、ここで一休み。

IMGP9193.jpg
8時15分到着。あいにくの曇り空、山の上の方が白く煙って、どう見ても雪が降っているょうだ。昨年の秋にスクーターで来た時の駐車場は当然除雪してないから、凍結した湖畔から登山口に向かう事にした

去年の秋の然別湖


IMGP9197.jpg
夏道の登山道登り始めたがすっかり雪に覆われた山はすぐに道も目印のテープも見失い、誰の足跡もない山を黙々と登った。たまに湖の方でスノーモービルのエンジン音がすると何となくホッとしたりするのだった。何とか急斜面を登って、尾根に乗った。ここから少し緩やかに小ピークを過ぎると山頂が見える。しかしここまで来るのにも予想以上に苦労した。表面は堅く中はグラニュー糖のようにサラサラの雪は足が流れて急斜面ではもがいても上に進めない。

IMGP9206.jpg
ラッセルしにくい雪とルートがはっきりしないというダブルのストレスで必要以上の疲労感だ。
小ピークを過ぎて一度コルに下りるとピークを見ながら急斜面を右に巻いて行けばいいはずだった…去年の秋はそうだった。でも今は冬、右側に行けば行くほど斜面の角度がきつくなり、ついには上にも下にも行けない状態になってしまった。ここで危険を感じたので自分に「冷静になれ」と言い聞かせる。ポケットから2万5千分の?の地形図を出してじっくりと見た。等高線は…先ほどのコルからピークまで10本、100?だ。

一度コルまで引き返す事にした。さっきは横に移動し過ぎて等高線の幅の狭いところまで行ってしまったので(幅が狭い→角度がきつい)今度はほぼ真っ直ぐ上に向かってジグザグに乗った。すると、すぐに木の間からグレーの空見えはじめた。もうすぐだ、何度も足が付け根まで埋まった、時には木につかまりながらとうとう登りきった。
2時間半の登山の間、ずーっと自衛隊の演習の音がドーン、ドーン と鉛色の冬の空に空しく響いていた。正直、あまり気持ちのいいものではなかった。

IMGP9217.jpg
山頂は風が物凄く、体感温度は-20度?長い時間は留まってはいられない、写真を撮って10分程で風の当たらない小ピークまで、登りの倍の神経を使って下った。そこで昼食を摂った。驚いた事にオニギリもパンもほぼ凍結していた。今までも半分凍っちゃった事はあったが今回は、サクサク、シャリシャリと寒いのに凍ったオニギリを食べるのは最悪だ〜 やっぱりコンロを持参してレトルト食品を温めて食べるのがいいのかも。

然別湖地図


IMGP9219.jpg
さあ、あとは下山するだけだ。(写真)地形図を見ると大きい沢を避けて下れば小ピークから湖畔に向けて支尾根が出ているのでそこを一気に下る事にした。下りは40分程で湖畔下りて来た。
IMGP9220.jpg
そしてポツンと私一人完全凍結した湖をホテルの在る向こう岸に向けて歩き出した。左から右に抜ける風は湖面に堅く積もった雪の粉を舞上げて小さな渦を作っては大きなつむじ風に飲み込まれる。曇り空だが辺り一面真っ白な世界に額からサングラスをずらしてかけ直す、足を止めて後ろを振り返った。

IMGP9221.jpg
明日はいよいよお楽しみの氷上露天風呂のお話から・・・
つづく

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(スノーシュー)の記事画像
恵庭岳(1319.7m)北尾根
樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走(つづき)
樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走
冬の七条大滝
2009 ニョロニョロトレッキング。
積丹大滝~動画
同じカテゴリー(スノーシュー)の記事
 恵庭岳(1319.7m)北尾根 (2009-04-07 22:32)
 樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走(つづき) (2009-03-25 22:26)
 樽前山シシャモナイコース~多峰古峰山縦走 (2009-03-24 23:48)
 冬の七条大滝 (2009-02-10 19:55)
 2009 ニョロニョロトレッキング。 (2009-01-13 22:03)
 積丹大滝~動画 (2008-02-06 23:03)
この記事へのコメント
相変わらず楽しいことばかりされてますね。
僕は数年前までこの氷上コタンのイグルー造りを手伝いに行ってました。
作るという行為も結構楽しいですよ。

実は4年前の腰痛入院以来、ほぼ封印状態だったジム通いを再開しました。
今日はまだ2日目なのですが、ランも含めてウォーキングマシーンで10km、バイクで15km、いい汗かいてきました。
Posted by ゲスト at 2006年03月15日 23:21
>masa さん
なんと!masaさん!然別コタンのイグルーを作った事があるんですか〜すごいうらやましいな〜今年のアイスバーとチャペル風の大きなものはまさに建造物といっていいぐらいに素晴しい物ですよね!とても感動しました。
masa さん腰痛だったんですか、手術までされたのなら大変だったんですね。でもジム通い出来るまで回復したのならもう安心、後は筋力をつけて再発防止ですね。
それにしても「ランも含めてウォーキングマシーンで10km、バイクで15km」とは、なかなかの体力ですね!
Posted by りむパパ at 2006年03月16日 10:43
いい景色ですね。以前に一度だけ然別湖に行った事があります。夏でしたが、きれいでした。テレビでよくみる氷上温泉も山登りの後は格別でしょうね。りむパパの肉体美、期待してます。
Posted by ゲスト at 2006年03月16日 11:32
Hai!りむパパさん、お昼のお弁当が凍っていたとは・・・、テルモスは持参されていたのですか?
体感温度がー20度・・・、凄い世界ですね。
>やっぱりコンロを持参してレトルト食品を温めて食べるのがいいのかも。
う〜ん、それってコンロの性能が重要ですね。
おにぎりは内ポケットに入れておくべし!
明日の温泉が愉しみ・・・あ〜〜、早く温まりたいね\(^O^)/
Posted by ゲスト at 2006年03月16日 21:39
>ヤマトさん
然別湖は家からかなり遠いんですが、なぜか気に入って、行ってしまいます。
ヤマトさん夏に行ったんですか、夏もいいでしょうね〜考えてみたら夏はまだ行ってなかったです。肉体美?ん、すっかり読まれてる・・・^^;

>nanaさん
テルモスって、なんですか?調べてみます。
おにぎりは内ポケットね、それがいいですね!
Posted by りむパパ at 2006年03月16日 23:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
冬の然別湖へ
    コメント(5)