さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2004年07月14日

自転車、最北端チャレンジ(前編)

tesioyuhi.jpg
手塩の夕陽


おじさんの無謀なチャレンジはこうして始まった・・・
日本一直線道路.jpg
自宅前から19時40分、これから始まる過酷な旅にまだ気付くことなく元気に出発!しかし、折からの雨が少し残っており、小雨交じりの中『北』へ向けてハンドルを握り締めた。
夜の真っ暗な国道は雨で濡れて、自転車のライトとヘッドライトの光が吸収されてしまい路面を照らしてくれない。前から来る車の強烈なライトと後ろからすごい風圧で容赦なく横をすり抜けていく大型トラックたち。スピードを出したくても出せず慎重に走らざるを得なかった。
白線と路肩のわずかな段差でハンドルを取られて危うく転倒しそうになった。
雨も降ったり止んだりで、合羽を着たり脱いだりとを繰り返しながら何とか岩見沢に到着。時刻は0時20分。ここら辺で少し弱気の虫が出始めた。雨に濡れて寒くて、「俺はいったいなにやってんだろう。」と自問自答する。ペダルをこぎながら「俺は武道館に向かっているのか?」とつぶやきながら・・・つい『サライ』を口ずさんでいる自分がいた。(笑)疲れと寒さでかなりやられていた。
そして見えてきた。前にエントリーした事がある、日本最長の直線道路。バイクで走った時は29.2kmはあっという間だったが、当然自転車だと長く感じる。

kanban.jpg
その後直線途中の道の駅ハウスヤルビ奈井江で休憩。10分ほど横になる。走るのを止めると、一気に体が冷えてくるのですぐにまた走り出した。
砂川・滝川と進み滝川の道の駅でトイレ休憩後今回の第一の失敗に気付く。なんと地図を忘れたのだ。そのせいで滝川から雨竜方面に行く道を間違ってしまい、江部乙町で草刈をしていたおじさんに道を尋ねた。親切に説明していただき無事国道275に入れた。朝早くからありがとう!おじさん。やっぱり田舎の人は親切だわ〜

道の駅北竜.jpg
碧水(へきすい)のセブンイレブンで朝食を買って食べこの先の峠越えに備える。今回のコースで唯一峠と名の付くのは美馬牛峠。しかし走ってみると拍子抜けで峠というより丘だった。先が長い私にとっては良かったが・・・
やっと海が見えてきた。日本海側の留萌市だ。ここからは海岸線を北に向かってひた走る。
しかし今回の自転車の旅には、食費がかかる。おにぎり・赤飯おにぎり・うどん・パスタ・カロリーメイト・・・
大量の水分と食料を食べ続けるため、胃酸の出すぎを押さえる胃薬を飲みながら走る。普段の2倍は食べるのだ。一流のアスリートならトレーニングで体にエネルギーを効率よく取り込みそして使えるのだが、まだまだトレーニング不足の私は昔のアメ車並みに燃費が悪いのだ。

自転車後ろ.jpg
すでにこの時にタイヤが変形しているのだ。でも私は気付いていない。

nisinbanya.jpg
国指定重要文化財で明治時代当時の生活漁業文化を今に残す。
この後人生初めての経験。自転車をこぎながら舟をこぐことになる。そりゃ寝ないで一晩中自転車を乗れば眠くもなるわ・・・

taiya.jpg
第二の失敗はタイヤを新品にしてこなかったこと。

haborotori.jpg
肌寒くなってきたので上に一枚着て走り、道の駅てしおでトイレタイム。なんとウォシュレット付きでここまで痛めつけてきたお尻をきれいに洗う。(別に肛門が痛いわけではないが)ここまで耐えてきたお尻にも感謝!
さて、ここからは海側と内陸側に道が分かれている。ここで地図がないために相当迷った。この後、日が暮れてしまっては海岸線を行く意味がないし、確かこの先は街がなかったはず・・・と考えたので内陸側に行く事に決定。後になってこの決断が正しかったことに胸を撫で下ろす事になる。つづく・・・

nitride さんのブログへ
http://sapolog.com/u/2912/%cc%ee%c0%b8/0000115013.html

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(自転車)の記事画像
7年ぶりの最北端
錦大沼
もらっちゃいました~
社台の滝
朝~夕
自転車で蓮池へ!
同じカテゴリー(自転車)の記事
 7年ぶりの最北端 (2011-09-02 23:04)
 錦大沼 (2009-10-26 23:06)
 もらっちゃいました~ (2009-10-22 22:35)
 社台の滝 (2009-09-08 22:11)
 朝~夕 (2009-08-25 22:28)
 自転車で蓮池へ! (2009-08-18 23:47)
この記事へのコメント
お疲れ様。本当にお疲れのようですね。同じ画像がアップされてますよ(笑)ゆっくりお休みください。
それにしても、夕陽を受けてのりむぱぱかっこいいです。
Posted by ゲスト at 2004年07月14日 21:08
otarako さん
あらまぁ!まだ、完成前の画像を見たんですね。直しましたよ。毎日見ていただいて、ありがとうございます。
これからも、いろんな所に行きますよ!でも、もう少し、のんびりと・・・
Posted by りむパパ at 2004年07月14日 23:00
りむパパさんはやんちゃなタイプなんですかねえ(笑)
エントリー読みながらワクワクしちゃいましたよ。
私はさすがにマネ出来ないですけどクルマで長距離走るのは好きなので
自分がドライブ楽しんでる気分になりました。
以前私はクルマで1週間行き当たりバッタリのドライブしたことありますが
やっぱり途中で「オレはこんなとこで何やってるんだろ?」って
結構寂しくなったりもしましたね。
りむパパさんは自転車で気力と体力勝負ですから
尚更そんな感じになるのかもしれないですね。
Posted by hide@dc2 at 2004年07月14日 23:30
何処で寝たのかな〜と思ったら、徹夜だったのですか?後編にも更に期待!
  
Posted by nitride at 2004年07月15日 07:54
そして,帰宅しての旅行記,お疲れ様です。私は,北海道の地図帳を頭に描いて,りむパパさんの自転車が,北上していく様子を,イメージしてました。でも途中,たくさんアクシデントがあって,そのときは大変でしたね。お留守番していた,奥様とりむちゃん,ご家族には,無事にりむパパさんが帰られたことが,なによりですね。
Posted by ベル♪ at 2004年07月15日 10:56
アクシデントにも負けずに、無事に帰って来れて何よりですね。ゆっくり休めました?
Posted by gurin at 2004年07月15日 20:18
hide@dc2 さん
下手なエントリーを読んでいただきありがとうございます。
突拍子もないことでも、後で思い出したらいい思い出になるものですよね!

nitrideさん
自転車に乗りながら居眠りしたのは人生、初めてでした。
やっぱり、夜は寝るもんですね。

ベル♪さん
ただいまです^_^;帰った日は、疲れて写真をPCに取り込むのがやっとでした。実はここだけの話、苫小牧の駅まで、りむママに車で迎えに来てもらったんです。もちろんりむも一緒に迎えに来ました。もう、ペロペロ熱烈歓迎でした。

gurin さん
無事に帰ってきました。読んでいただいてありがとうございます。
昨日は正直少し疲れが残っていましたが今日は元気いっぱいです!
Posted by りむパパ at 2004年07月15日 22:38
先週サンセット王国羽幌町に出張、
サンセットプラザハボロの一泊しました。ホテルの窓から見た落日は絶品。久しぶりに地球のドラマを見る思いをしました。でも車で行ったので、
りむババさんのような苦労はしませんでした。ご苦労様。
Posted by 北のフクロウ at 2004年07月17日 20:28
北のフクロウさん
羽幌では自転車屋さんにお世話になりました。今回は大急ぎの旅で、何も観光しなかったので、次はゆっくり回りたいと思います。
ホテルからの夕陽、さぞ綺麗だったんでしょうね。
Posted by りむパパ at 2004年07月17日 21:07
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
自転車、最北端チャレンジ(前編)
    コメント(9)