さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2004年05月25日

樽前ガロー&インクラの滝

インクラの滝.jpg

2週連続で長距離走行だったので、今日は地元で走った・・・
15〜6年前に自転車の師匠と仕事の師匠と3人で自転車を背負って樽前山を登った。それを思い出して、またやって見よう。と出発した。しかし、樽前山は真っ白いガスに覆われて、これでは山頂に着いても眺望は望めそうに無い。そこで、進路変更、苫小牧唯一の大学、駒沢大学の前を通って樽前ガローに向かう。

駒澤大学.jpg
樽前ガロウ420x.jpg
      これは下流
      
ガローとは、「崖の間を川が流れる場所」の意味
川の侵食によって生まれた「ゴルジュ地形」
切り立った渓谷の双璧に濃緑色の苔が約2kmにわたって広がっている。

garou1.jpg
     これは上流

湧き水480x.jpg
 
       噴水のように出ていた。

kawawatari.jpg
|川があったので渡ってみた。ちゃんと橋があるのにねぇ〜 ここでも3本足の相棒が大活躍!いつもお世話になってます。このあと、悲しい出来事があることなど、知る由も無い。

自転車&滝.jpg
|この角度だと自転車が滝に打たれてるみたい。

otamajyakusi.jpg
|久しぶりに見たオタマジャクシ。

onigiri.jpg
|具が3種類入ったジャンボおにぎり、当然これだけでは足りない。

usiro.jpg
パンも食らう。

インクラの滝は駐車場から大人で30〜40分で行くことが出来る。小学生でも大人のサポートがあればいけると思う。途中、踏み跡は幾通りにも分かれていて、アミダくじのようだ。それでも自分なりにルートを探りながら上流を目指せば、迷うことは無いので、倒木を乗り越え、くぐり、大きな岩によじ登り、ちょっとした冒険気分で楽しみながら目的の滝まで行けるだろう。
両手を使うと楽な所もあるので、軍手があるといい。
あと、ハイヒールはXです。

マイナスイオンを十分に浴びて、帰り支度、下りは25分ぐらいで林道まで出られた。
快調に自転車は下っていく。4〜5キロ走ったところで
気が付いてしまった。相棒がいないのだ・・・
3本足の。仕方なく、今、快調に、しかも、半笑いで(キモイ)下ってきた林道をまた、相棒を探しながらゆっくりゆっくりと登っていった。滝の入り口まで戻ったがない。
この場所でカメラから外したのは間違いないから、たぶん途中の草むらの中だ・・・ごめんよ。相棒。長年苦楽をともにしてきたのに、自分の不注意で、こんな事に・・・
この先、万が一誰かに拾われても、誰にも見つからずに草むらで、ひっそりと朽ち果てる事になろうとも、君の事は忘れないよ!ありがとう!相棒!そしてさようなら。(涙)

樽前ガロー地図→ http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=1000000&el=141%2F24%2F53.795&pnf=1&size=500%2C500&nl=42%2F37%2F05.247
|インクラの滝地図→ http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=500000&el=141%2F20%2F17.624&pnf=1&size=500%2C500&nl=42%2F38%2F03.044

あなたにおススメの記事

←サイドバーからココに移しました。
同じカテゴリー(自転車)の記事画像
7年ぶりの最北端
錦大沼
もらっちゃいました~
社台の滝
朝~夕
自転車で蓮池へ!
同じカテゴリー(自転車)の記事
 7年ぶりの最北端 (2011-09-02 23:04)
 錦大沼 (2009-10-26 23:06)
 もらっちゃいました~ (2009-10-22 22:35)
 社台の滝 (2009-09-08 22:11)
 朝~夕 (2009-08-25 22:28)
 自転車で蓮池へ! (2009-08-18 23:47)
この記事へのコメント
大黒屋でーす!
去年の夏、通行止めで行けなかったインクラの滝。
不思議な地層が露出した滝ですね。
水が噴き出してるのもとっても神秘的。
近場にえぇとこがあっていいですね〜
Posted by ゲスト at 2004年05月25日 22:08
昨年、ウイッシュの新車をあんな山奥まで走らせて、傷が付かなかったか心配してました。
そう、まさにあの林道を走ってきました。出来れば、自転車で案内して、インクラの滝も一緒に見たかったです。いつかまた来てくださいね。
Posted by りむパパ at 2004年05月25日 22:44
あんなに大きな、おたまじゃくしを見た記憶は、随分と前で、・・・子どもの頃かな?生まれも育ちも札幌ですけど、カエルの卵や、セミなんかも、私が子どもの頃は、近所でも見られたのにねェ。なんだか、さみしい気分です。
(ログインできない、【がま】でした。)
Posted by ゲスト at 2004年05月25日 23:17
そんな滝があるとはまったく知りませんでした。
たまにガローは見に行きますけど、苫小牧に始めて来たころ、樽前近辺を探検していて、『樽前ガロー』の看板を見て、『画廊』と思っていた、私です。しかも、『こんな山奥で絵を描いてるとは、芸術家はわけわからん』と思っていた。
樽前観音寺の大観音像は見たことありますか?、ちょっと怪しいけど、見たこと無いなら一見の価値ありです。観音寺の入口まで行くと見えますよ。
私が行ったことのある滝は、七条大滝です。
天気がいいとなかなか綺麗ですよ、一人で行くとちょっと熊がでてきそうですけどね(-_-;)。
Posted by ゲスト at 2004年05月26日 02:13
【がま】さん
私もオタマジャクシは久しぶりで見ました。写真では大きく見えますが、普通サイズでした。普通がどのくらいかは微妙ですが・・・
同じ水溜りにサンショウウオの卵らしきものもありました。
昔は、ザリガニやクワガタや蛇まで捕りました。今以上は減ってほしくないですね。

丸刈りカーボンボンネット殿
見てくれましたか。ガロー。
画廊とは(笑)でもそれはありますね。
私が思い浮かべるのは、ガロと言えば「学生街の喫茶店」でしょう。ハハハ。知らないでしょうね。近くにいる40代の人に聞いてください!
あと樽前観音寺の大観音像は以前に見たことがあります。今回は素通りしましたが、今度また機会があったらここで紹介しようと思います。
七条大滝を知っているなんて、おぬし、なかなかやるな!あそこは苫小牧の人でも知らない人が多いので近いうちに紹介したいと思ってます。
この分だと、丸刈りカーボンボンネット殿は私の知らない、隠れスポットを知っている可能性があるので、また情報をお願いします!
Posted by りむパパ at 2004年05月26日 21:10
ご来訪ありがとうございます(^^♪りょうなです。

私の所にいただいたののコメントにも書いたんですが、やっぱキレイですねぇ・・・いいなぁ、マイナスイオンで癒されたい。。
うちのダンナは室蘭出身(かつ滝好き)なので、このエントリー見せたら喜んでました(^^♪

七条大滝?そんなまた気になる情報を(*^_^*)
Posted by りょうな at 2004年05月27日 02:03
りょうなさん
滝は私も好きで、滝めぐりでも、と考えたんですが、数の多さに躊躇してます。
七条大滝は少しお待ちください。必ずアップしますので。
元苫小牧市民と言うことで、これからもよろしくお願いしま〜す。
Posted by りむパパ at 2004年05月27日 21:28
インクラの滝ってすごいですね。
それにしても、こんな地形のところへ
自転車でいけるなんて、これまた驚きでした
Posted by ゲスト at 2004年05月28日 09:15
りむパパさん、こんにちは。
水がきれいですね。
おたまじゃくしの写真、水があるようには見えません。
北海道の水はまだまだ冷たいのかな。
こちらはもうすぐ入梅です。
Posted by じゅの at 2004年05月28日 14:58
ゲストさん
自転車で行けるのは滝の入り口から数百メートルの滝に打たれてるような写真の場所までなんですよ。

じゅの さん
水はきれいなんですが、エキノコックスが怖いので、飲めないのが残念です。そうです。自転車で川渡りしたときに靴が濡れたんです。水は冷たかったです。苫小牧は北海道の中でも寒くて天気が悪い所なんです。でも梅雨があるわけじゃないので、自転車にはいい季節です。早く梅雨が終わればいいですね。
Posted by りむパパ at 2004年05月28日 21:16
こんにちわ。こちらの写真を見てインクラの滝に行ってみたくなったのですが、夏はヤブの中だったので断念しました。昨日スノーシューで行ってきましたっ!大雪の後だったので幻想的でした。
Posted by ゲスト at 2005年12月19日 12:55
行って来たんですか、どんな感じだったのかな〜?私もこの冬中には行って見ようと思っていたんです。気になるな〜
Posted by りむパパ at 2005年12月20日 00:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
樽前ガロー&インクラの滝
    コメント(12)