さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年01月03日

樽前山で初日の出!


新年1発めの山登りは樽前山からの初日の出!
と言っても正月は3日間とも遊びまくって、その合間に?実家に帰って、義理兄としこたま焼酎を
飲むなど、ブログをアップする暇がなく、元旦の出来事を2日遅れてアップです。


大晦日は毎年、紅白歌合戦の結果も記憶にないほど酔っ払っていたが、今年は熊雄さんと初日の出を
見るためにあまり飲まずに早起きに備えた。そのほうが体にいいとは思うが、しかし日の出にあわせて
樽前山に行くためには3時起床じゃないと無理なのだ。寝不足はツライ。
そう、ほとんど寝ないで雪の林道を2時間以上歩くのはやっぱり大変だ。

熊雄さんの持ってきたもの凄く明るいHIDランプは元旦の林道の闇を切り裂く!熊でも何でも出てコイや~
ってぐらい明るいのだ。

中間地点の国立公園の看板の下にはカワイイ縫いぐるみがチョコンと乗っかっていた。誰が置いたのかな?


約2時間歩いて7合目ヒュッテに到着!
すると薄暗い中、小屋から人が出てきた、一見して足元が怪しい、というか完全に泥酔ふらふら。
そして何が驚いたって、そのおじさんは靴にはアイゼン、手にはピッケルを持っているのだ!face08
私は酔っ払いがアイゼン、ピッケルをもってふらふらで歩いているのをはじめて見た。
おじさんは「俺はただの酔っ払いだよ~」と言っていたが、ただの酔っ払いではないでしょう~~~
おじさんあんたは、ただ者ではではないですよ~
(後で、知り合いらしい人に聞いたところ、頂上までは行かなかったらしいので、ホッとした)

(熊雄さん撮影の私)
輪かんの爪を慎重にグリップさせて歩くが、ストックが刺さらないほど雪は硬く、私たちはあいにく
この状態の山を登る装備はしてきてないので頂上はあきらめて、森林限界から数百メートルのところで
日の出を待つことにした。

日の出前のパノラマです。

1年の計は元旦にあり。
私は写真を撮りながら今年もいい1年になるかな~なんて思っていた。


そしてそんな私の様子を後ろから撮る熊雄さんだった。

初日の出も見られたし、展望台のところまで下りてきて、朝ごはん。
え?これ?はい、ビールです…icon49もちろん熊雄さんに運転してもらいました。

さっきまで真っ暗だった林道もすっかり眩しい白さで、歩いていても気持ちがいい!
野鳥のさえずりを聞きならが長い林道を車まで戻った。

元旦から滑落!なんて縁起でもないので、撤退して大正解、今年も安全第一で 
「りむパパのパパむり」をアップして行こうと張り切っています!
ご訪問くださる皆様、今年もよろしくお願いいたします。
  

Posted by rimupapa at 21:52Comments(7)山登り